施工事例

  • HOME
  • 施工事例
  • 屋根塗装・外壁塗装・バルコニー防水リフォーム工事 M様邸

屋根塗装・外壁塗装・バルコニー防水リフォーム工事 M様邸

工事内容
屋根塗装・外壁塗装・バルコニー防水リフォーム工事
塗料メーカー
(株)プレマテックス
塗料名称
【外壁】ウルトラMUKI
【屋根】ケイセラⅡ強化色
【屋根保護材】インテグラルコート

カラー
【外壁】PX701・PX715
【屋根】ナスコン

工事期間
約18日間
工事費用
約155万円
お客様名
M様邸
市町村名
広島県広島市安佐南区

足場組立・高圧洗浄・養生・屋根亀裂補修

足場組立
近隣様10件程挨拶回りをさせて頂き、責任施行で工事を進めさせて頂きます。

屋根 高圧洗浄
屋根に付いているコケや藻を高圧洗浄機の水圧で綺麗に洗い落としていきます。

外壁 高圧洗浄
外壁の汚れをしっかりと取り除きます。
高圧洗浄をする事により塗料の密着を向上させます。

養生
塗料が付着したらいけない箇所(サッシ・窓など)にビニール養生をしていきます。

屋根亀裂補修前

屋根亀裂補修
屋根亀裂箇所をコーキング材で補修します。

屋根塗装工事

屋根板金 ケレン作業
錆びの除去・塗膜を密着させるために、必ずケレンを行います。

屋根板金 錆止め塗装
サビの発生を抑制する専用塗料で下塗りを行います。

屋根1工程目 下塗り
【使用塗料:無機有機ハイブリットEPO油性】
屋根と塗料の密着のため、下塗りを行います。下塗りは細部までしっかり塗布していきます。

屋根 タスペーサー挿入
毛細現象(水の逆流)を防ぐ為の専用タスペーサーを挿入します。
タスペーサーを使用することによって、塗料による屋根の隙間が塞がることを防げるので、雨漏りや結露対策になります。

屋根2工程目 中塗り
【使用塗料:ケイセラⅡ強化色】
屋根としての機能性も高めるために、塗膜の厚みを確保します。
1番紫外線のダメージを受ける屋根には、耐候性の高い屋根用耐候性強化色を使用します。

屋根3工程目 上塗り
【使用塗料:ケイセラⅡ強化色】
同じ塗料を2回塗ることで、ムラなく綺麗に仕上げ、ご希望の色・艶を出し
塗膜の厚みなど細かい部分まで気を配り上塗りします。

屋根4工程目 保護コート塗布
『使用塗料:インテグラルコート』
上塗り専用の保護材を使用し、4回塗りをします。保護材は上塗り材の耐久性を8~10年UPしてくれて、
紫外線を弾き長期的に塗膜を保護してくれます。






外壁塗装工事

外壁1工程目 下塗り
【使用塗料:無機有機ハイブリットEPO水性】
下塗りは、次に塗る塗料の密着性を高めるとともに、
下地外壁材の表面劣化保護・強化する役割もあり大事な工程になります。

外壁2工程目 中塗り
【使用塗料:ウルトラMUKI】
下塗りが乾燥した後上塗りと同じ塗料で、中塗りを行います。
塗料の性能を発揮するため、塗膜の厚みを確保しながら塗装していきます。

外壁3工程目 上塗り
【使用塗料:ウルトラMUKI】
同じ塗料を2回塗ることで、ムラなく綺麗に仕上げ、ご希望の色・艶を出します。

外壁2工程目 中塗り
【使用塗料:ウルトラMUKI】
下塗りが乾燥した後上塗りと同じ塗料で、中塗りを行います。
塗料の性能を発揮するため、塗膜の厚みを確保しながら塗装していきます。

外壁3工程目 上塗り
【使用塗料:ウルトラMUKI】
同じ塗料を2回塗ることで、ムラなく綺麗に仕上げ、ご希望の色・艶を出します。


付帯部塗装工事

軒 塗装
【使用塗料:水性ケンエース】
軒裏は透湿性の良い塗料を使用する事で素地の水分は水蒸気として外部へ拡散し、塗膜の膨れ、剥がれを抑制します。

水切り ケレン作業
錆びの除去・塗膜を密着させるために、必ずケレンを行います。

水切り 錆止め
サビの発生を抑制する専用塗料で下塗りを行います。

水切り 塗装
【使用塗料:セラガードSi】
塗りムラが出ないように、丁寧に2回塗装してきます。
同じ塗料を2回塗ることで、塗装による塗膜保護をして、劣化を防止します。

雨樋 塗装
【使用塗料:セラガードSi】
塗りムラが出ないように、丁寧に2回塗装してきます。
同じ塗料を2回塗ることで、塗装による塗膜保護をして、劣化を防止します。


コーキング工事

サッシ廻り 既存コーキング撤去
既存のコーキングを全て綺麗に撤去していきます。

サッシ廻り プライマー塗布
コーキング材とボードを密着させるために、冊子廻り部分に接着剤の代わりになるプライマーを塗布していきます。

サッシ廻り 材料充填
空洞が出来ないようにコーキング材を充填していきます。
充填後は、コーキング材をならしながら仕上げていきます。

目地 既存コーキング撤去
既存のコーキングを全て綺麗に撤去していきます。

目地 プライマー塗布
マスキングテープで養生を行った後、コーキング材とボードを密着させるために、目地部分に接着剤の代わりになるプライマーを塗布していきます。

目地 材料充填
目地の深さに合わせながら、空洞が出来ないようにコーキング材を充填していきます。
充填後は、コーキング材をならしながら仕上げていきます。

バルコニー防水工事

清掃
施工前にバルコニーなどに落ちているゴミなどをキレイに清掃していきます。

下地調整 ケレン作業
表面の剥がれや浮きを撤去していきます。

下地調整 ケレン(目荒らし)作業
表面を傷つけて接着性を高める為、ケレン(目荒らし)していきます。

シンナー拭き 脱脂
油膜を取り除くために、シンナーで拭いていきます。

プライマー塗布
既存層と新規防水層が密着するために、プライマーを塗布していきます。

トップコート塗布
防水層を保護する為、トップコートを塗布していきます。

担当者からのコメント

中村 厚志

この度は外壁塗装・屋根専門店のウエストプラスに工事を依頼して頂き誠にありがとうございます。
ご紹介でご縁を頂きました。
外壁の色褪せとコーキングのひび割れが気になるとの事でしたので現地調査をさせて頂きました。
外壁は無機塗料で高耐久に仕上げました。
屋根は外壁に比べて劣化が早いので
無機塗料+コーティングをさせて頂きました。
コーキングは耐久性が良い物を後打ちにて施工させて頂きました。
艶が綺麗に出ており、お客様にもご満足頂きました。
色の配色も気に入って頂き大変嬉しく思います。
この度は弊社を選んで頂き誠にありがとうございます。
今後ともウエストプラスと末永いお付き合いの程宜しくお願い致します。

お問い合わせは
こちら!

相談無料

見積無料

診断無料

【受付時間】9:00〜18:00(年中無休)