ウエストプラス

広島の外壁塗装・屋根塗装専門店

お客様信頼No.1

広島県地域密着No.1
見積無料 お気軽にご相談ください
見積無料
電話受付10:00~18:00 (年中無休)

お客様信頼No.1

見積無料
電話受付10:00~18:00
(年中無休)

初めて外壁塗装を検討されている方へ

塗装の基礎知識

お家の外壁は、新築から5年~10年位経つと汚れや痛みが出てきます。

おうちや建物をよく見られた事はありますか? 実はおうちや建物にはあるサインが出ており経年劣化を教えてくれています。
まずおうちや建物の壁を触ってみて下さい。
チョーキング現象という手に壁の汚れが付着すると最初のサインになります。おおよそ10年または10年以上塗り替えをしていないおうちや建物にはこの現象(サイン)があります。時期的にそろそろ塗り替えを検討した方が良いです。
次にコーキングやクラックは入っていませんか?コーキングというのはサイディングの壁と壁を繋いでいる役目の物です。こちらも経年劣化(外壁と同じ)によりボロボロになっていたり、痩せていたりしてませんか? また、外壁にクラック(ひび割れ)が見えたりするとこちらもサインです。地震などによってクラックが入ったのかもしれません。いずれにせよ放っておくと雨漏りの原因になったりおうちや建物に対して良い物とは言えません。1度ご自身のおうちや建物を見てみて下さい。今まで気づかなかったサインが隠されているかもしれません。
塗り替えを検討しましょう。

下の症状が出てきたら、屋根や外壁の塗り替えを検討しましょう。

check外壁にヒビ割れが入っている
check塗装が剥がれている
check外壁や屋根に藻や苔ができてい
checkシーリングが割れている
check塗装表面が膨れている
check瓦(地上から見えている範囲)にヒビ割れがある
check色が剥げてきた

屋根や外装の劣化チェックをして、お家の状態を確かめましょう。

色あせ

色あせ

2/5

経年劣化により外壁塗装と屋根塗装に含まれている樹脂が劣化し、塗装の色が変わったりツヤが落ちてきます。
塗り替え時期の初期症状です。

チョーキング現象

チョーキング現象

3/5

紫外線などにより塗料が粉化する現象です。防水性や耐候性が悪くなっている塗り替え時期の分かりやすいサインです。

外壁・屋根のコケやカビ

外壁・屋根のコケやカビ

3/5

風通しの悪い面や湿気が逃げにくい面にはコケやカビが発生します。
外壁表面に湿気を溜めて劣化の原因になります。

外壁のひび割れ

外壁のひび割れ

5/5

外壁のひび割れはそこから広がったり地震などによりさらに広がる可能性があります。また、雨漏りの原因となる場合もあるので早急に対処する必要があります。

コーキングの割れやヒビ

コーキングの割れやヒビ

4/5

紫外線劣化や経年劣化によりコーキングのヒビ割れや、可塑剤などが抜けるため現象が発生します。傷んだ箇所から水が入り雨漏りの原因となる場合があるので、早めの対処が必要です。

さび(トタン屋根など)

さび(トタン屋根など)

4/5

サビは長年放置すると他の箇所に広がり、表面以外にも内部も腐食してしまうので早めの対処が必要です。

おうちの塗り替えは・・・

外壁の塗り替えまたは屋根の塗り替えの際に

  • いつやるのか?
  • どこを塗るべきか?
  • どんな材料を使用すべきか?・・・

塗り替え工事に関する選択肢は多岐に及びます。
ですが、私共が思うに1番大切な事は間違いない施工時期・塗装をしてもらう業者選び・職人の腕は良いのか?
ここが肝心だと思います。知識と技術・管理+人間性が大切です。
正しい知識で確かな技術を提供し、お客様のおうちの塗り替えが完了するまで徹底的に管理を行い、腕の良い塗装職人による施工を行う。そしてウエストプラスの全員の人間性!これが大事な事です!当店はこれらを全員で考え、お客様の大切なおうちを守ります!

塗装の役割

一般的に10年に1度は塗り替えを行うのが目安になります。もちろん塗料の性能・性質にもよります。車はオイル交換や車検などで定期的なメンテナンスが必要なように建物もメンテナンスが必要になります。
塗装の役割とゆうのは『保護』『美観』『機能』3つの役割をしています。
『保護』は金属などの防錆・木材などの素材を保護し長期に渡り長持ちさせる役割です。
『美観』は見て美しいと感じる役割です。
『機能』は様々な塗料がある中、省エネ効果の高い遮熱塗料や長期に渡り建物を守る無機塗料・ラジカル制御の入った建物の汚れを防ぐ塗料など様々な役割を果たしています。外壁塗装の役割とは『建物を保護し、美観を保ち、長期に渡り建物を守る機能がある』為、外壁塗装は建物のメンテナンスに必要不可欠です。

コーキングとは?

建物の至る箇所に使用されているコーキングですが、その主な役割として『水が建物内部に侵入することを防ぐ』
・『地震など建物に対する揺れの負荷を緩和する』という役割があります。

①水が建物内部に劣化などにより侵入することを防ぐ為に外壁同士の隙間をコーキングで埋める事で、水の建物内部への侵入を防ぎます。

②家は家自体の歪みやサイディングの収縮により微かに動いています。外壁同士の隙間にあるコーキングにはその動きに追随し、揺れを緩和させる役割があります。
従って外壁塗装と同時にコーキングも経年劣化しますので外壁塗装の際にはコーキング工事も必ず必要となります。

塗料の耐用年数が生涯コストを決める

外壁塗装をするに当たり塗料の耐用年数は様々にあります。
通常10年~15年の耐用年数を持つ塗料は一般的にはシリコンなどになります。
予算も比較的安価であり、ラジカル制御が兼ね備えてあるシリコンは通常シリコンよりは汚れ・カビなど付着しに
くく機能的に見ても優れています。

ラジカル制御シリコン

ラジカル制御シリコン

メリット
①期待耐用年数10年~15年
②次回また塗り替えが10年~15年経過すると考えれる(色を変更したいなど)
③比較的安価に対して性能は良い

デメリット
①耐用年数があまり長くは無い
②予算・費用がかかる
③住んでいる地域や場所によっては期待耐用年数より下がる可能性はある


次に20年~25年耐用年数がある塗料で比較しますと、塗料そのものが柔らかくラジカル制御も含まれており汚れ・カビ等はもちろん付着しにくく耐用年数が長いためおすすめが出来る塗料です。となるとフッ素系と思われがちですが私達はフッ素は使用しません。理由は塗料が固めの為将来的に割れやすいとゆう観点からです。地震などによりクラック(ヒビ割れ)が入りやすい為使用しません。変性無機塗料の塗料を使用致します。

変性無機塗料

変性無機塗料

メリット
①期待耐用年数20年~25年
②長期に渡り塗り替えをする必要が無くなる
③フッ素樹脂塗料をしのぐ耐候性が建物を美観を維持し保護する
デメリット
①耐用年数が長い分色に飽きたりすると塗り替えたい時にまた費用がかかる
②付帯部は20年~25年には含まれない
③住んでいる地域や場所によっては期待耐用年数は下がる可能性がある


最後に30年以上の期待耐用年数がある無機塗料に極限に近づけた塗料のご説明です。メーカーからもライセンスを取得していない業者は扱えないと言った高級塗料になります。この塗料は付帯部にも使用できて耐用年数はより付帯部も上がると思われます。(付帯部とは樋や縦樋、フードなど)※付帯部は外壁と比べて素材が違うので付帯部も30年以上と言った意味ではないです※
半永久と言うと言い過ぎかもしれませんが期待耐用年数30年以上はこの先建物の塗り替えをほぼ検討しなくて良いと思われます。生涯コストも1度で30年以上となれば良い選択かもしれません。

有機HRC樹脂塗料

有機HRC樹脂塗料

メリット
①期待耐用年数20年~25年
②長期に渡り塗り替えをする必要が無くなる
③フッ素樹脂塗料をしのぐ耐候性が建物を美観を維持し保護する
デメリット
①耐用年数が長い分色に飽きたりすると塗り替えたい時にまた費用がかかる
②付帯部は20年~25年には含まれない
③住んでいる地域や場所によっては期待耐用年数は下がる可能性がある

生涯の塗り替えコスト

生涯の塗り替えコスト

(例)
ラジカル制御シリコン 10年~15年後→塗り替えが必要
有機HRC       30年以上外壁は塗り替えは必要無い

(例)
【ラジカル制御シリコン】 塗り替え1度目(外壁のみの場合) ¥80万(すべての工事費用含む)
10年~15年経過塗り替え2度目(外壁のみの場合)¥80万(全ての工事費用含む)
total→160万必要(屋根塗装が必要な場合はプラスされる)

【有機HRC】塗り替え1度目(外壁のみの場合)¥110万(すべての工事費用含む)
total→110万

マイナス50万の差額(屋根塗装は含んでいない)
こうした観点から塗料の耐用年数の生涯に渡るプランを考えて検討するべきです。

広島で安心できる塗装業者のウエストプラスは、広島市の住宅を守るため、外壁・屋根の無料診断を実施しています。
どうぞお気軽にご利用ください。

scroll-button