ウエストプラス

広島の外壁塗装・屋根塗装専門店

お客様信頼No.1

広島県地域密着No.1
見積無料 お気軽にご相談ください
見積無料
電話受付10:00~18:00 (年中無休)

お客様信頼No.1

見積無料
電話受付10:00~18:00
(年中無休)

【基礎のひび割れ】補修すべきひび割れの種類について👆

広島市の外壁塗装・屋根塗装専門店のウエストプラスです😁
お客様の大切なおうちを塗り替えさせていただく際に私共が1番大切にしている事は【お客様に満足して頂き信頼される】事を1番に大切にしています。
また、地域の人達からも頼りにされる企業になれるよう日々一生懸命頑張っています。
こんにちは!ウエストプラスの押山です✨

今日は、前回に引き続いて【基礎のひび割れ】補修すべきひび割れの種類についてご紹介したいと思います。

基礎を補修すべきひび割れの状態を業者に相談する前に、ご自身でチェックする際の参考にしてください。👷

*幅0.3mm・深さ4mm以上の【構造クラック】

幅0.3mm以上、深さ4mm以上の「構造クラック」と呼ばれるひび割れが発生している場合は、基礎を補修が必要です。構造クラックは「貫通クラック」とも呼ばれ、ひびが表面だけでなく内部の鉄筋まで届いてしまっている非常に危険な状態です。雨水の侵入によって鉄筋が錆びてしまうだけでなく、ひび割れが広範囲に広がってしまい、最悪の場合地盤沈下を招いてしまう可能性があります。換気口の角の部分に発生しやすいので、ぜひチェックしてみましょう。

*同じ場所にある複数の微細なひび割れ

たとえ小さなひび割れであっても、限られた範囲内にいくつも発生している場合は注意が必要です。1m以内に3つ以上のひび割れがあるかどうかを目安とし、あまりに多くのひび割れが発生している場合は基礎の構造への影響が疑われるため、プロによる診断を検討してみた方がいいかもしれません。

*基礎の高さいっぱいまで伸びているひび割れ

基礎を上から下まで横断して伸びているひび割れには注意が必要です。たとえ幅が小さなヘアークラックであっても、そのような場合は早めに補修を検討することをお勧めします。

*水平方向に走るひび割れ

お家の基礎に発生したひび割れが、横方向に伸びていた場合、設計や施工に何らかの問題を抱えている可能性があるかもしれません。基礎にひび割れが起きる原因としてもっとも一般的なのは、乾燥や温度変化によって生じるコンクリートの収縮です。ひび割れは縦方向に発生することが多く、そのほとんどが構造に影響を与えるほどではないヘアークラックです。しかし、横方向や斜めに伸びるひび割れは大きな力が基礎に加わることで発生します。しっかりと施工された基礎であれば、多少地震が起きた程度ではクラックが発生することはありません。上記ようなひび割れがある場合は住宅の構造に何らかの問題がある可能性があります。

*基礎コンクリートの破裂・滑落

小さなひび割れを長期間放置してしまうことで発生するのが、基礎コンクリートの破裂・滑落です。ひび割れがどんどん広がってしまい、内部への水の浸入を防ぐことが難しくなってしまうばかりか、放置すると地盤沈下のリスクも大幅に増加してしまいます。

*雨染みの発生

基礎のコンクリート内部に雨水が浸入していることを示すサインとしてもっともわかりやすいのが、ひび割れ周囲の雨染みの発生です。酷い場合は内部の鉄筋のサビ汁が溢れてしまっている場合もあり、基礎の強度への影響が懸念されます。そもそもコンクリートそのものには防水性がありませんので、ひび割れがない箇所にも雨染みが発生する可能性が十分にあります。

 

👷点検やご相談は無料ですのでお気軽に電話もしくはショールームへお越しくださいませ☆

お問い合わせ:🆓0120-78-7716
ショールーム:広島市安佐南区伴中央2-4-15

scroll-button