ウエストプラス

中古住宅の購入後すぐに外壁塗装すべき?

広島市の外壁塗装・屋根塗装専門店のウエストプラスです😁
お客様の大切なおうちを塗り替えさせていただく際に私共が1番大切にしている事は【お客様に満足して頂き信頼される】事を1番に大切にしています。
また、地域の人達からも頼りにされる企業になれるよう日々一生懸命頑張っています。

 

こんにちは!ウエストプラスの 熊崎です✨😁

【春の塗装キャンペーン開催中です✨

🌸期間3月12日〜4月30日🌸

ホームページからお問い合わせの方限定企画😁

★特典1

お見積り依頼の方

QUOカード500円進呈!

★特典2

ご契約のお客様にはなんと

ガラポン抽選にて外壁・屋根保護材 無機塗装✨

*保護材は上塗りの耐久性を10年プラスしてくれます。

★特典3

ご契約のお客様にはさらに

軽トラ約1台分 約3万円分の不用品回収サービス🚚

さらにお見積もり、ご契約のお客様には【ホームページからのお問合せ限定で】

★標準コミコミプラン

プラン内容:塗料+施工費+アフターフォロー 

🌸ラジカル制御形シリコン塗料
🌸多重ラジカル制御形水性無機塗料
🌸アンバサダー店のみ使用可能特別無機塗料をなんと10万円値引き致します‼️

🌸当店最高級有機HRC樹脂塗料は8万円値引き致します‼️
※塗布面積約160平米、足場代金、下地処理(モルタル)シーリング(サイディング)3回塗り対象、屋根塗装は含まれていません
今日は【中古住宅の外壁塗装が必要な時期】についてご紹介していこうと思います。

「中古住宅の購入後すぐに外壁塗装すべき?」
など、中古住宅の外壁塗装が必要な時期について疑問をお持ちの方も多いのでは。

「築年数」or「外壁塗装歴」で外壁塗装が必要な時期の目安がわかる👷

◆築年数

外壁塗装が必要となる時期は、築10年前後が目安です。
そのため、中古住宅の築年数が10年以上経過している場合、
外壁塗装が必要な時期を迎えている可能性が高いです。

◆外壁塗装歴

中古住宅に外壁塗装歴がある場合、外壁塗装が必要となる時期は、築年数に関係なく、
直近の外壁塗装から10年前後が目安となります。各塗料製品には耐久性の指標として、「耐久年数(耐候年数)」が明示されています。この耐久年数とは、塗料の寿命のこと。
つまり、外壁塗装をしてから塗料製品の耐久年数が経過したあたりが、次に外壁塗装が必要となる時期の目安というわけです。

「外壁の劣化症状」を確認すれば、外壁塗装が必要な時期が正確にわかる

外壁にあらわれる劣化症状を確認することで、中古住宅の外壁塗装が必要な時期を正確に見極めることができます。
具体的には、外壁に下記のような劣化症状がみられる場合には、早々に外壁塗装が必要な可能性大です。

上記の劣化症状は、外壁の防水性が失われてきているサイン。このまま外壁塗装をせずに放置し続けると、外壁材がダメになる、雨漏り・カビ・シロアリなどが発生するなどして中古住宅に甚大な被害が及んでしまうこともあるため、早々に外壁塗装を検討することをオススメします。
今お住まいのお家🏠の現在の状態、症状をご覧になられていますか?
点検やご相談は無料ですので、是非キャンペーン期間中にお気軽にお電話もしくはHPよりお問い合わせ下さい。😁
コロナウィルス対策も万全にしておりますので、ご安心してご来店いただけます。
外壁塗装をご検討中の方、ぜひウエストプラスショールームへご来店下さい。😁
来店される際に、事前にご予約いただければ他のお客様と重ならずにショールームへご来店頂けます。☝

 

外壁診断士・1級塗装技能士在籍しております。
お問い合わせ:🆓0120-78-7716

広島 外壁塗装
ショールーム:広島市安佐南区伴中央2-4-15

scroll-button