ウエストプラス

塗装が劣化する原因とは・・

広島市の外壁塗装・屋根塗装専門店のウエストプラスです😁
お客様の大切なおうちを塗り替えさせていただく際に私共が1番大切にしている事は【お客様に満足して頂き信頼される】事を1番に大切にしています。
また、地域の人達からも頼りにされる企業になれるよう日々一生懸命頑張っています。

【今年最後のイベント売り尽くし在庫処分セール】開催中です✨

歳末大感謝セール★売り尽くし

なっなんと!!最大80%OFF

地域の皆様への還元の想いを込めて、歳末大感謝セールを開催します。

外壁塗装をご検討中の皆様!この機会に是非ご相談下さい。😁

この機会に外壁はもちろん、屋根の塗装もお得にしちゃいましょ👍

【ガラポン抽選限定5名様】

プレマテックス㈱ タテイル2 耐用年数30年最強塗料が、50%OFFです。

セール開催期間は、12月1日(水)~12月26日(日)までとなっております。

こんにちは!ウエストプラスの 熊崎です✨😁
家などの建物は、新築してからある程度の年月が経つと、様々な部分に劣化や老朽化が目立つようになってきます。
そこで今日は、【塗装が劣化する原因】についてご紹介したいと思います。
中でも外気に常に晒されている外壁などの外構部分は、こうした劣化や老朽化が目立ちやすい部分でもあります。

外壁などの劣化が顕著に現れるのが、表面に施してある塗装の劣化で、軽度な劣化であれば、塗装がくすんで見えたり、色褪せるなど、外観上の問題で済みますが、劣化が進行すると、表面がひび割れてきたり、塗膜が浮いてしまい、剥落してしまうこともあります。💦

こうした劣化が起こるのは、雨や紫外線による塗料の組織のダメージによるもので、この塗膜の劣化に伴う、内部の劣化も引き起こしてしまい、建物自体の寿命を縮めてしまう原因にもなります。💦
経年による劣化を完全に防ぐということは出来ませんが、塗装の密着度を高めることである程度防げるものでもあります。また、劣化が完全に進行してしまい、表面だけでなく内部に影響が出てしまってから塗装をし直すよりも、劣化の進行がそれほど進んでいない状態の内に再塗装をしたほうが費用も安く済みますし、工事にかかる期間も短くする事ができるので、定期的に状態を点検することも大切です。😁

◆外的要因による塗装の劣化

外壁に使用する塗料は、紫外線やに雨より塗膜が劣化することによって耐久性が弱まり、見た目の美しさも損なわれてしまいます。
外壁に汚れが付着すると、その部分から劣化が始まってしまうので、外壁に汚れが付着しにくい塗料を選ぶといいです。
また、外壁は劣化を防ぐのが難しいですが、劣化したと感じたら早めに補修をすることで、大がかりな補修が必要でなくなります。
塗料に素材によって異なりますが、一般的に外壁塗装の塗り替えは10年に一度が目安になっています。☝

塗り替え目安の時期より早く劣化が気になったときは早めに塗り替えをすることにより、次に塗り替えるときまで長い期間、美しさと耐久性を保つことができます。
紫外線があたりやすい家や雨が多い地域の場合は、グレードの高い塗料を使用することで耐久性を高めることができます。
今お住まいのお家🏠の現在の状態、症状をご覧になられていますか?
点検やご相談は無料ですのでお気軽にお電話もしくはHPよりお問い合わせ下さい。😁
コロナウィルス対策も万全にしておりますので、ご安心してご来店いただけます。
外壁塗装をご検討中の方、ぜひウエストプラスショールームへご来店下さい。😁
来店される際に、事前にご予約いただければ他のお客様と重ならずにショールームへご来店頂けます。☝

 

外壁診断士・1級塗装技能士在籍しております。
お問い合わせ:🆓0120-78-7716

広島 外壁塗装
ショールーム:広島市安佐南区伴中央2-4-15

scroll-button