ウエストプラス

塗装工事期間中の換気について

広島市の外壁塗装・屋根塗装専門店のウエストプラスです😁
お客様の大切なおうちを塗り替えさせていただく際に私共が1番大切にしている事は【お客様に満足して頂き信頼される】事を1番に大切にしています。
また、地域の人達からも頼りにされる企業になれるよう日々一生懸命頑張っています。

【今年最後のイベント売り尽くし在庫処分セール】開催中です✨

歳末大感謝セール★売り尽くし

なっなんと!!最大80%OFF

地域の皆様への還元の想いを込めて、歳末大感謝セールを開催します。

外壁塗装をご検討中の皆様!この機会に是非ご相談下さい。😁

この機会に外壁はもちろん、屋根の塗装もお得にしちゃいましょ👍

【ガラポン抽選限定5名様】

プレマテックス㈱ タテイル2 耐用年数30年最強塗料が、50%OFFです。

セール開催期間は、12月1日(水)~12月26日(日)までとなっております。

こんにちは!ウエストプラスの 熊崎です✨😁

今日は、【塗装工事期間中の換気】についてご紹介したいと思います。

塗装期間中はお家全体に保護(養生)シートがかぶせられるのでやはり普段通りの生活が送りにくくなってきます

塗装工事の工程の中には必ず『高圧洗浄』といって、外壁や駐車場の床にこびりついたコケや藻などの汚れを高圧洗浄機と呼ばれる特殊な機械を使って、洗浄機から発する水の圧力により汚れを落としながらクリーニングしていく作業を行います。👷

この高圧洗浄は、強力な洗浄で汚れを落としていくので必ず窓の鍵をかけて閉めなければいけません💦
その後の屋根・外壁の塗装工事中に窓を開ける事は可能ですが、あまりお勧めはできません。
塗料自体に有害性はありませんが、塗料の匂いがどうしてもしてしまうからです。窓を開けることにより、無害であっても匂いが部屋に充満する恐れがあるため、塗装工事中に窓を開けるのは控えましょう。(使用する塗料が溶剤系塗料であれば臭いがきつく、水性塗料であっても多少の臭いはあります。)
仮に窓を開けることが出来てもカバー(養生)がついているため風が上手く取ってくれないこともあります。
カバー(養生)も塗装工事中は外せませんので、塗装期間中の風通しは難しいと思っていただいた方がいいです。
ですが、窓を開けることが出来ないのは相当なストレスですよね…💦
条件や場面によっては窓の開閉は可能となってきます。
養生を取った後であれば窓を開けることは可能です。
しかし、工程の半分以上は窓を開けることが出来ません💧
そこで換気の2つの方法について紹介いたします。😁

◆開けたい窓を指定する

塗装工事を行っている間、工事の工程によっては窓を開けることができます。しかし、塗装業者に何も伝えてなければ窓を完全に養生され、開閉することができません。
作業が始まる前に開けたい窓をお伝えしておくことで、窓を開閉できるように養生してもらうことができます。

◆換気扇を使用する

業者に伝えておけば換気扇を使用することも可能です。
ウェザーカバーの排気口を養生しなければ、換気扇をいつでも使用することができます。
塗装中などは、どうしても塗料の臭いが入ってきますので、換気扇を活用し、ストレスをできるだけ軽減できるようにしましょう。
紹介させていただいた二つの方法がありますが、場合によってはどうしても換気できないこともありますので
換気以外の方法も考えておくとよいでしょう。👷
今お住まいのお家🏠の現在の状態、症状をご覧になられていますか?
点検やご相談は無料ですのでお気軽にお電話もしくはHPよりお問い合わせ下さい。😁
コロナウィルス対策も万全にしておりますので、ご安心してご来店いただけます。
外壁塗装をご検討中の方、ぜひウエストプラスショールームへご来店下さい。😁
来店される際に、事前にご予約いただければ他のお客様と重ならずにショールームへご来店頂けます。☝

 

外壁診断士・1級塗装技能士在籍しております。
お問い合わせ:🆓0120-78-7716

広島 外壁塗装
ショールーム:広島市安佐南区伴中央2-4-15

scroll-button