ウエストプラス

外壁からの雨漏りについて

広島市の外壁塗装・屋根塗装専門店のウエストプラスです😁
お客様の大切なおうちを塗り替えさせていただく際に私共が1番大切にしている事は【お客様に満足して頂き信頼される】事を1番に大切にしています。
また、地域の人達からも頼りにされる企業になれるよう日々一生懸命頑張っています。

 

こんにちは!ウエストプラスの 熊崎です✨😁

【無料雨漏診断!梅雨前キャンペーン開催中です✨

☔期間:5月30日まで

 

こんなお悩みはございませんか?

★標準コミコミプラン

プラン内容:塗料+施工費+アフターフォロー 
※塗布面積160平米の例
※屋根塗装は含まれていません。
※足場工事、下地処理、コーキングは含まれていません。
※3回塗りの場合になります。

ラジカル制御形シリコン塗料

多重ラジカル制御形水性無機塗料

アンバサダー店のみ使用可能特別無機塗料をなんと10万円値引き致します‼️

当店最高級有機HRC樹脂塗料は8万円値引き致します‼️

今日は、【外壁からの雨漏り】についてご紹介したいと思います。

外壁からの雨漏りの原因は、以下の原因が主に挙げられます☝

◆コーキングの劣化

コーキングは6年ほど位から劣化しはじめ、コーキング劣化部分から雨水が建物に浸食してしまいます💦
その場合は、コーキングは全て撤去し、新しくコーキングを充填し直しします👷
大切なのは、部分的なコーキングの打ち直しではなく、全てのコーキングを打ち直す事です
一部分のコーキングが劣化しているように見えても、同じ時期に充填したコーキングですので劣化するタイミングは同じです。
その為、全て撤去して打ち直さなければいけません!
ペンチやカッターを使って綺麗に取り除いた上に、新しくコーキングを充填します👷

外壁塗装を行う場合は、コーキングを充填した後に外壁塗装を行います👷
コーキングは耐候性が低い材料であり、紫外線に当たる事で劣化が激しくなってしまう傾向があります💦
コーキングの上に塗膜を乗せる事で、紫外線からの影響から守る事が出来るんです🙆

◆外壁塗膜の劣化

外壁塗膜の劣化により、外壁に雨水が浸透して雨漏りとなってしまう事があります💦
外壁の塗膜の寿命は平均10年と言われており、10年を目安に塗り替えが必要となります☝

外壁に手を触れて、白い粉のようなものが手に付くようでしたらチョーキングという現象が起きており、塗膜が劣化している証拠となります👷
塗膜の膨れやはがれが起きている場合も、完璧な塗膜の劣化ですので雨漏りの原因となっている場合があります☝
外壁塗装をしなおし、頑丈な塗膜で外壁と建物を守りましょう🏠
既存の外壁塗装に高圧洗浄を掛けて綺麗にし、丁寧な素地ごしらえをした上に外壁塗装を行います👷
外壁塗装は新規よりも塗り替えの方が難しいので、洗浄や素地ごしらえなど下地処理をより一層行わなくてはいけません
今お住まいのお家🏠の現在の状態、症状をご覧になられていますか?
点検やご相談は無料ですので、是非梅雨前☔キャンペーン期間中にお気軽にお電話もしくはHPよりお問い合わせ下さい。😁
コロナウィルス対策も万全にしておりますので、ご安心してご来店いただけます。
外壁塗装をご検討中の方、ぜひウエストプラスショールームへご来店下さい。😁
来店される際に、事前にご予約いただければ他のお客様と重ならずにショールームへご来店頂けます。☝

 

外壁診断士・1級塗装技能士在籍しております。
お問い合わせ:🆓0120-78-7716

広島 外壁塗装
ショールーム:広島市安佐南区伴中央2-4-15

scroll-button