ウエストプラス

ALC外壁のメンテナンス方法について

広島市の外壁塗装・屋根塗装専門店のウエストプラスです😁
お客様の大切なおうちを塗り替えさせていただく際に私共が1番大切にしている事は【お客様に満足して頂き信頼される】事を1番に大切にしています。
また、地域の人達からも頼りにされる企業になれるよう日々一生懸命頑張っています。

こんにちは!ウエストプラスの 熊崎です✨😁
前回、ALCの特徴と経年劣化の状況についてご紹介させていただきました。

そこで今日は、【ALC外壁のメンテナンス方法についてご紹介したいと思います。

前回ご紹介した経年劣化が考えられるALCのメンテナンス方法になります。

◆コーキングの補修

 

ALCの耐久性が高くても、コーキングの耐久性は5~10年程度です。そのため、コーキングに劣化症状が現れれば、修繕が必要となるでしょう。
とはいえALCの場合、コーキングの上から塗膜を形成するためコーキングが直接紫外線を受けることはほとんどありません。
そのため「コーキングが割れていた!」と思っていても実際にはコーキングの上の塗膜が割れていただけ、というケースも少なくありません。

◆塗装工事

ALCは、パネル自体に防水性がありません。そのため、塗装によって防水機能を持たせる必要性があるのです。
ALCは気泡があることで様々なメリットを生み出していますが、気泡に水が浸入しやすいというデメリットも持っているのです。
外壁が水を吸収してしまえば、パネル自体のヒビ割れや欠落を起こす可能性があるので、塗装が何よりも重要となります。☝
新築住宅であれば塗料による作用で防水性を持たせることができますが、紫外線などの経年劣化によって防水機能は失われてしまいます。💦
チョーキング現象やカビやコケといった症状は、塗料の劣化を表しているサインでもあるので、そうした症状が発生した際には塗装工事を検討しましょう。😁

◆一緒に塗装したい付帯部

ALCの外壁を塗装する際には、付帯部分の塗装も一緒に考えてください。付帯部分とは、雨樋や破風板、水切りなどの箇所のことをいいます。✨
塗装となれば、現在の外壁とは違うカラーを用いるケースも多いです。🏠

◆耐久性の高いALCを長持ちさせるには塗装が必須

ALCは外壁材の中でも耐久性に強い特徴を持っています。🏠
しかし、塗装を施さない限りそのメリットを活かすことができないのです。
カビやコケ、チョーキング現象など、目に見える異常が現れた場合には、防水機能を備えるためにも塗装工事を検討しましょう。✨

今お住まいのお家🏠の現在の状態、症状をご覧になられていますか?

点検やご相談は無料ですのでお気軽にお電話もしくはHPよりお問い合わせ下さい。😁
コロナウィルス対策も万全にしておりますので、ご安心してご来店いただけます。
外壁塗装をご検討中の方、ぜひウエストプラスショールームへご来店下さい。😁
来店される際に、事前にご予約いただければ他のお客様と重ならずにショールームへご来店頂けます。☝

 

外壁診断士・1級塗装技能士在籍しております。
お問い合わせ:🆓0120-78-7716

広島 外壁塗装
ショールーム:広島市安佐南区伴中央2-4-15

scroll-button