相談・診断・見積無料お気軽にお問い合わせ下さい

受付時間 10時〜18時(年中無休)

塗装現場ブログ ウエストプラス通信

太陽光パネルのある屋根の塗装は?

広島市の外壁塗装・屋根塗装専門店のウエストプラスです😁
お客様の大切なおうちを塗り替えさせていただく際に私共が1番大切にしている事は【お客様に満足して頂き信頼される】事を1番に大切にしています。
また、地域の人達からも頼りにされる企業になれるよう日々一生懸命頑張っています。

 

こんにちは!ウエストプラスの 熊崎です✨😁

【無料雨漏診断!梅雨前キャンペーン開催中です✨

☔期間:5月30日まで

 

こんなお悩みはございませんか?

★標準コミコミプラン

プラン内容:塗料+施工費+アフターフォロー 
※塗布面積160平米の例
※屋根塗装は含まれていません。
※足場工事、下地処理、コーキングは含まれていません。
※3回塗りの場合になります。

ラジカル制御形シリコン塗料

多重ラジカル制御形水性無機塗料

アンバサダー店のみ使用可能特別無機塗料をなんと10万円値引き致します‼️

当店最高級有機HRC樹脂塗料は8万円値引き致します‼️

今日は、【太陽光パネル(ソーラーパネル)のある屋根はどうやって塗装するの❔】についてご紹介したいと思います。

新築だけでなく既存のご自宅の屋根に太陽光パネルを設置しているお家が増えていますね。
築10年以上経ち、太陽光パネルのある屋根の塗装時期のお家はどうやって塗装をすればいいのか悩んでしまう方もいらっしゃいます。
やり方としては大きく分けて2つあります。
太陽光パネルがついたまま塗装を行うか、塗装前にパネルを取り外し塗装工事後にまた設置する方法です。
2つのやり方のメリット・デメリットをご紹介します。

◆太陽光パネルを設置したまま塗装工事をした場合

*メリット

太陽光パネルを設置したまま塗装工事をする場合は、工事費用が安くなる!
屋根表面の主な劣化原因は紫外線です。
新築当時にパネルの設置された部分は、基本的に紫外線の影響を受けないため色あせやコケの発生はほとんど見られません。
塗装のお見積りする際には建坪ではなく、実際に塗装をする面積から使用する塗料の缶数や作業費用を算出します。
そのためパネルの下は狭く塗装ができないため、実際の塗装面積が少なくなりますので工事費用を抑えることが出来ます。

*デメリット

築年数が経過した後に太陽光パネルを設置した際に屋根全体の塗装をしていない場合は、見えない部分で屋根材の傷みが進んでいる可能性があります。
パネルを外さずに工事をすることで足場を組んで作業ができるのに、見逃してしまう可能性があるというデメリットがあります。
また、パネル下と塗装した色は異なりますのでお家の立地やみる角度によっては色の違いが見えてしまうことがあります。
施工する職人さんが配慮してくれるかによって仕上がりが悪くなるので業者選びも重要です。☝

◆太陽光パネルを脱着して塗装工事をした場合

*メリット

太陽光パネルを外して塗装をすることで屋根全体の防水性が向上します。
屋根全体を細かく点検することもできるため、気が付かなった劣化や傷みにも早めに対処することが出来ます。
また、パネルの交換時期の場合には塗装の際の足場を使用することができるので足場代金が余分にかかることもありません。☝

*デメリット

足場費用と塗装費用のほかに脱着費用がかかりますので一度のメンテナンスの金額は高額になります。
さらにパネルの大きさによっては通常の脱着費用よりも高額になります。(会社によってはパネルの保管費用がかかる場合もあります)

◆どんな施工方法がいいの❔

太陽光パネルの脱着をするかどうかについては屋根の状態を一度確認する必要があります。☝
ただし、必ず脱着しなくてはいけないというものではない!ということは覚えておいていただければと思います。👷
実際の屋根の傷みはどの程度なのか、パネルを脱着した時にどのくらいの費用が掛かるのかを知ることで予算を組みやすくなります。
今お住まいのお家🏠の現在の状態、症状をご覧になられていますか?
点検やご相談は無料ですので、是非梅雨前☔キャンペーン期間中にお気軽にお電話もしくはHPよりお問い合わせ下さい。😁
コロナウィルス対策も万全にしておりますので、ご安心してご来店いただけます。
外壁塗装をご検討中の方、ぜひウエストプラスショールームへご来店下さい。😁
来店される際に、事前にご予約いただければ他のお客様と重ならずにショールームへご来店頂けます。☝

 

外壁診断士・1級塗装技能士在籍しております。
お問い合わせ:🆓0120-78-7716

広島 外壁塗装
ショールーム:広島市安佐南区伴中央2-4-15