相談・診断・見積無料お気軽にお問い合わせ下さい

受付時間 9時〜18時(年中無休)

施工事例

外壁・屋根塗装工事 S様邸

工事内容
外壁・屋根塗装工事
塗料メーカー
(株)プレマテックス
塗料名称
『屋根』タテイル2強化色
『屋根保護材』インテグラルコート
『外壁』タテイル2
『外壁保護材』インテグラルコート
カラー
『屋根』ディープグレー
『外壁』PX761
『帯板』PX764
工事期間
21日間
工事費用
約230万円
お客様名
S様邸
市町村名
広島県広島市安佐南区

足場組立・屋根破損部分・サイディングコーナー交換

足場組立
近隣様10件程挨拶回りをさせて頂き、責任施工で工事を進めさせて頂きます。

屋根破損部分 補修前
屋根が部分的に破損している箇所を補修していきます。

屋根破損部分 補修中
専用の道具を使用して、破損している部分のみを剥がしていきます。

屋根破損部分 補修後
既存カラーベストが劣化していて割れているため新しいカラーベストに交換して塗装致します。

サイディングコーナー 交換前
既存サイディングのコーナーが割れて塗装ではなおらないため新しい物に交換をして塗装致します。

サイディングコーナー 交換中
既存のサイディングコーナーを取り外し、寸法を測りながら新しいものへと交換中です。

サイディングコーナー 交換後
新しいサイディングコーナーを設置後打ち込んだビスの穴を塞いでいきます。

高圧洗浄・屋根板金

屋根高圧洗浄
高圧洗浄機の水圧で、屋根の汚れやコケの付着をしっかりと落としていきます。
汚れやコケの付着を落とすことで、塗膜の密着を向上させます。

外壁高圧洗浄
丁寧に汚れ等を落とすことによって、新しい塗料の密着を向上させてくれるので、洗浄作業は重要な作業工程となっています。

屋根板金ケレン
高圧洗浄を行ってしっかりと乾燥させた、別の日に屋根板金のケレンをします。
錆の除去・塗膜を密着するために必ずケレン作業をします。

屋根板金錆止め
錆を防止するために、錆止めを塗装していきます。

屋根クラック補修
クラック現象(ひび割れ)しているところに、コーキングを打ち発砲ポリエチレン素材のヘラでならしていきます。



屋根塗装工事

タスペーサー挿入
毛細管現象(水の逆流)を防ぐため専用のタスペーサーをカラーベストとカラーベストの間に入れて隙間をあけます。

屋根塗装1工程目 下塗り
【使用塗料:リバイブ浸透シーラー】
屋根材に応じた下塗り材を使用していきます。
下塗り材をしっかり塗布することで、中・上塗り材の吸い込み方が変わってきます。

屋根塗装2工程目 中塗り
【使用塗料:セラベース油性 強化色】
屋根と塗料の密着の為下塗りを行い、上塗り材に応じた塗料で、中塗りを行います。

屋根塗装3工程目 上塗り
【使用塗料:タテイル2 強化色】
屋根は紫外線や雨風に劣化しやすく、色あせがしやすい箇所なので、退色の進行を抑制する塗料を使用します。

屋根塗装工事4工程目 保護コート
『使用塗料:インテグラルコート』
上塗り材専用の保護材を塗布することで、さらに耐久性を8~10年upしていき長期的に艶を維持していきます。



コーキング工事

コーキング撤去
既存のコーキングをキレイに撤去していきます。

コーキング養生
コーキングを行う外壁のまわりに傷や汚れがつかないよう、養生をします。

プライマー塗布
コーキング材とボードを密着させるため、目地部分に接着剤の役割を果たすプライマーを塗布します。

コーキング充鎮
目地部分に空洞が出来ないように、コーキング材を充鎮していきます。
コーキング材を均一になるように、ならしながら仕上げていきます。




外壁塗装工事

外壁 養生
塗料が付着してはいけない箇所(ドア・サッシ等)ビニール養生を行います。

外壁1工程目 下塗り
『使用塗料:シリコン浸透シーラー』
下塗り材をしっかり塗布することで、塗料が定着し表面劣化保護・強化をしてくれる役割がある大事な工程です。

外壁2工程目 中塗り
『使用塗料:セラベース』
下塗り材をしっかり乾燥させてから、上塗り材に応じた塗料で中塗りを行います。

外壁3工程目 上塗り
『使用塗料:タテイル2』
耐用年数が1番長い塗料を使用してますので、塗膜の厚みや艶がしっかりと出てきます。

外壁4工程目 保護コート
『使用塗料:インテグラルコート』
上塗り材専用の保護材を塗布することで、さらに耐久性を8~10年upしていき長期的に艶を維持していきます。

帯板塗装
『使用塗料:タテイル2』
帯の部分で色分けをしています。
帯板を塗ることで、家全体が引き締まったように見えます。


鉄部塗装工事

シャッターボックスケレン
錆びの除去・塗膜を密着させるために、必ずケレンを行います。

シャッターボックス錆止め
ケレン作業を行なったあとサビ止め塗料を塗装してサビの発生を防ぎます

シャッターボックス 中塗り
『使用塗料:タテイル2』
錆止めをしっかりと乾燥させた後に中塗りを行います。

シャッターボックス 上塗り
『使用塗料:タテイル2』
細かいところを刷毛を使用し、大きい面はローラーを使って綺麗に仕上げていきます。

帯塗装 上塗り
『使用塗料:タテイル2』
同じ塗料を2回塗ることで、塗膜の厚みを出していきます。

樋塗装
『使用塗料:タテイル2』
樋・エアコンカバー・水切りは外壁の色と同じ色を使用しています。


担当者からのコメント

西川 健太

HPからお問い合わせ頂きました。
ダイワハウスさんの建物で築年数的にも塗装工事が必要な状態でした。
長期的に耐久性を望まれていましたので当社1番耐久のタテイルシリーズをご提案させて頂きました。
また、防水工事もしっかりと工事をさせて頂きました。
タテイル2+保護材を使用しましたので仕上がりはかなり綺麗に艶が出ていました。
お客様もご納得して頂き非常に嬉しく思います。
この度は、外壁塗装・屋根塗装専門店ウエストプラスへ塗装工事依頼を頂きありがとうございます。今後とも、外壁塗装・屋根塗装専門店ウエストプラスと末永いお付き合いの程、宜しくお願い致します。